2018年05月23日

研究発表論文集(2018年度春季)

日本マス・コミュニケーション学会 2018年度春季研究発表会
日程:2018年6月23日(土)〜6月24日(日)
会場:学習院大学

〈個人研究発表一覧〉
検索エンジン・ランキングのメディア史(宇田川敦史)
  2018spring_A1_Udagawa.pdf
新聞はどう読まれているのか ―アイトラッキング法と発話思考法の比較―(北原利行)
  2018spring_A2_Kitahara.pdf
トランスナショナルな公共圏の可能性 ―画家・富山妙子の越境する作品を事例に―(李 美淑)
  2018spring_A3_Lee.pdf
アニメ産業における「デジタル化」の経験 ―アニメーターの労働現場に着目して―(永田大輔、松永伸太朗)
  2018spring_A4_Nagata_Matsunaga.pdf
ローカルな歴史とナショナルな歴史 ―歴史認識としての特攻―(佐藤信吾)
  2018spring_B1_Sato.pdf
「過去」と「未来」の交錯過程における対日情緒の「現在」形成 ―大韓民国における3・1節と8・15光復節のイベント分析から―(趙 相宇)
  2018spring_B2_Cho.pdf
核をめぐるテレビ番組の系譜学と、原発震災のテレビアーカイヴ(松下峻也)
  2018spring_B3_Matsushita.pdf
昭和戦前期における「二流紙」の日本主義化プロセス ―『大阪時事新報』を例に―(松尾理也)
  2018spring_B4_Matsuo.pdf
テレビ・ドキュメンタリー前史としての「録音構成」 ―『街頭録音』と『社会探訪』の分析を中心に―(丸山友美)
  2018spring_C1_Maruyama.pdf
テレビ・ドキュメンタリーの描いた海景 ―戦争・水域・汚染―(瀬尾華子)
  2018spring_C2_Seo.pdf
水俣ドキュメンタリー再読 ―水俣病事件の社会・メディア環境とドキュメンタリー映像表現の深化―(洞ヶ瀨真人)
  2018spring_C3_Dogase.pdf
基地の街を撮ること ―1960〜70年代の横須賀写真を中心に―(塚田修一)
  2018spring_C4_Tsukada.pdf
英国放送メディアにおける多様性に向けた取り組み ―放送における性的少数者の取り扱い―(山本雄美)
  2018spring_D1_Yamamoto.pdf
ニュース報道の国際流通に関わる新考察と実証(谷川 幹)
  2018spring_D2_Tanikawa.pdf
メディア環境変容のなかでの「日馬富士」報道の分析 ―ニュース報道番組、新聞社オンラインメディア、ソーシャルメディア、ニュースキュレーションメディアを事例として―(川瀬 学)
  2018spring_D3_Kawase.pdf
番組種別の規制と種別の越境 ―商業教育専門局・日本教育テレビを事例に―(木下浩一)
  2018spring_E1_Kinoshita.pdf
「通信」と「放送」が交錯する初期テレビ受容 ―青森県八戸市の事例から―(太田美奈子)
  2018spring_E2_Ota.pdf
マス・コミュニケーションを構成する各過程の単純化論考 ―より簡単に使えるリテラシーを広めるために―(前田益尚)
  2018spring_E3_Maeda.pdf
放送話者を目指す学生のキャリア支援の現状と課題(磯野正典、山田英寿)
  2018spring_E4_Isono_Yamada.pdf
posted by マスコミ学会 at 22:24| 研究発表論文集 | 更新情報をチェックする